• トップ
  • セミナー
  • 品質保証 実務力強化コース(4)DRの進め方、トレーサビリティの考え方

品質保証 実務力強化コース(4)DRの進め方、トレーサビリティの考え方

品質管理研修
  • 品質保証
万一不具合が発生した時に、速やかに原因を明確にして対象範囲を特定できる手法

対象・難易度

新人・若手 リーダークラス 管理者クラス 経営者・役員
 

セミナー内容

➊ DR(デザインレビュー)の背景
●DR実施の意義を正しく理解 
●DRの必要性と効果的運用
➋ DR(デザインレビュー)の具体的な進め方
●DR実施体制の整備、設計部門・事務局の事前準備と報連相の必要性
●課題や問題の見える化・共有化の必要性、その方法・道具など
➌ ここに注意! 間違いだらけのデザインレビュー
●上手く進められない、形骸化してしまう、活用できない理由、原因、事情
●問 題指摘でレビュアーが行うプロセス
●ドキュメントのなかで漏れが発生しやすい箇所
●問題指摘におけるリーダーのプロセス
●使うべきでない 「主な曖昧語」 とその対応
➍ トレーサビリティの管理
●そもそも、トレーサビリティとは、何をどうするのが正しい?
●2種類のトレーサビリティ、それぞれの使い方
➎ 重要品質問題の事例研究/トレーサビリティ実践事例紹介

セミナー要項

名称 品質保証 実務力強化コース(4)DRの進め方、トレーサビリティの考え方
開催場所 大阪府工業協会 研修室
価格(税込み) 29,150円(会員)/35,200円(非会員)

開催日・開催予定日

2023年10月13日(金) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから