Zoom_賃金制度 再設計の進め方

ビジネススキル
  • その他
多様化する就業形態に合わせた見直しのポイント

セミナー内容

昨今の社会環境の変化、働き方改革の推進、雇用に関する法改正等によって、人事労務管理の仕組みや賃金制度を見直す企業が増えています。とくに賃金については、従来の年功型、単なる査定型の制度から、役割・能力を軸にした自社の業績向上につながる制度へと考え方がシフトしています。本セミナーでは、最近の雇用・労働情勢を捉え、自社の問題点の探り方から賃金制度を見直していく基本的なポイントをわかりやすく解説いたします
<1> 経営環境の変化と賃金制度改定の必要性
1.社会環境と働く意識の変化
2.年功的な運用から、役割・能力型にシフトしてきている
3.パート有期法(不合理な待遇差の禁止)の考え方
<2> 自社の状況をチェック
1.賃金制度は3つの仕組みで成り立っている
2.自社の状況をチェック・分析する
 ① 同規模同業種との賃金水準、賃金カーブの違いをつかむ
 ② 定量、定性的な問題を掴む
<3> 賃金制度改定の考え方、進め方
1.基本となる等級フレームを再設計する
 ① 能力・役割をふまえた資格等級制度の作り方
 ② 職責や人事異動の範囲、職種、専門性等を踏まえ、自社にあったフレームを構築しよう

2.賃金体系 昇給プロセス(賃金カーブ)を再設計する
 ① 基本給の構成(年齢、能力、役割)をどうするか
 ② 昇給プロセスの考え方と設計方法
  (職責給、複数賃率表、ゾーン型など)

3.賃金体系 諸手当、年俸制を再設計する
 ① 諸手当の見直し(職責・業績連動する役職手当、その他)
 ② 成果や貢献に応じた歩合・報奨金、賞与、年俸制の事例

4.評価制度を再設計するためのキーポイント
 ① 階層ごとの評価セオリー
 ② 能力、役割、技術、プロセス、コンピテンシー等の評価項目
 ③ 会社の業績アップにつながる評価制度をどう構築するか
<4> パートタイマー・契約社員とのバランス
1.同一労働同一賃金 基本給、手当、賞与など
2.パートタイマーや契約社員の賃金表の例
<5> 賃金制度の改定を行う場合の注意点

セミナー要項

名称 Zoom_賃金制度 再設計の進め方
開催場所 Zoom
価格(税込み) 24,200円(会員)/28,050円(非会員)

開催日・開催予定日

2024年3月5日(火) 午後1時~午後4時45分
2023年3月8日(水) 午後1時~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから