60歳以降の賃金と評価制度設計

ビジネススキル
  • 人事管理
高齢社員の給与をどう決め、モチベーションを維持するか

セミナー内容

1.企業を取り巻く雇用環境の変化
(1)人口減少・少子高齢化がもたらす影響
(2)高年齢者の就労意向と就労希望年齢について
(3)定年制度に関する現状
(4)65歳を超えて働ける制度に関する現状
2.高齢者雇用に対する公的支援制度
(1)老齢厚生年金
(2)高年齢雇用継続給付(60歳~64歳)
3.高齢社員戦力化のための制度比較
定年引上げ、継続雇用制度、定年廃止 … それぞれのメリット・デメリット
4.60歳以降の給与体系
(1)長期決済型の賃金モデルと短期決済型の賃金モデル
(2)60歳以降の給与体系の選択肢
(3)60歳以降の給与体系構築の注意点
5.納得性の高い賃金・評価制度の設計ポイント
(1)賃金カーブの見直し(長期決済型の賃金)
(2)60歳以降の新賃金の設定・設計手順(短期決済型の賃金)
(3)3つの評価軸(職務内容、職務責任、就業自由度)
6.高齢社員に対する毎年の評価と契約更新の判断
評価要素の設定と判断基準のポイント
7. 同一労働同一賃金について
(1)同一労働同一賃金に関する判例
(2)同一労働同一賃金に関する対策
8. 高齢社員のモチベーションを上げるポイント
9. 高齢社員を積極的に活用している他社事例
10. 高齢者雇用に関する助成

セミナー要項

名称 60歳以降の賃金と評価制度設計
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員 50名
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2022年1月26日(水) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから