表面処理 基礎講座

設計・製図・読図研修
  • 設計
「表面処理」に関わる基礎的な内容を幅広く、やさしく解説

対象・難易度

新人・若手 リーダークラス 管理者クラス 経営者・役員
   

セミナー内容

1. 色々な工法がある!表面処理の種類と仕組みを知ろう
(1)色々な表面処理の概要と特長、図面での指示の出し方
・湿式めっき  ・塗装    ・陽極酸化  ・溶融めっき  ・乾式めっき ・溶射
※実物サンプルと処理工程の動画を見ながら学びます。
(2)機能をさらに向上させる表面処理のバリエーション
2. 機能特性別でよく使われる表面処理
(1)表面処理で得られる機能特性とは?
(2)装飾、防錆目的で用いられる表面処理
   →亜鉛めっき、貴金属めっき、カラーアルマイト etc.
(3)機械機能(硬さ、潤滑性、焼き付き防止など)に用いられる表面処理
→無電解ニッケルめっき、複合めっき、セラミック溶射 etc.
(4)その他の機能(熱的特性、光特性、電気特性など)で用いられる表面処理
→クロムめっき、銅めっき、黒色系めっきetc.
(5)表面処理された製品の実物を見てみよう
【演習1】図面と機能要件から最適な表面処理を選んでみよう
3. 設計力アップ!表面処理選定の際の注意点
(1)表面処理選定の手順
(2)ワークの形状、大きさ、材質に関する制限
(3)外的環境がもたらす影響
(4)環境負荷物質に関わる法規制(RoHS指令等による利用制限)
4. 未然に防ごう!よくある表面処理の品質トラブルと対策
(1)湿式めっきの処理工程 トラブルが起こりやすいポイントは?
(2)外観不良(色調ムラ、異物の付着など)の要因と対策
(3)異種金属接触腐食、水素脆性、密着性不良、表面粗さ等のトラブル対策
5. 設計者が量産時に考慮すべき表面処理
(1)前後工程が要因で発生する、表面処理の量産トラブル事例と対策
(2)表面処理でのコストの考え方
(3)表面処理の協力工場を選定する際のポイント
【演習2】図面と機能要件を見て、予想されるトラブルと対策を議論しよう

セミナー要項

名称 表面処理 基礎講座
開催場所 大阪府工業協会 研修室
価格(税込み) 29,150円(会員)/35,200円(非会員)

開催日・開催予定日

2024年3月12日(火) 午前9時45分~午後4時45分