ムダの最小化・効率の最大化

現場改善研修
  • 作業改善
トヨタ生産方式を切り口に考える実践研修

対象・難易度

新人・若手 リーダークラス 管理者クラス 経営者・役員
 

セミナー内容

1. どんなものが「ムダ」になるのか再認識しよう
(1)あらゆるところにムダがある/ムダにはいろいろある
(2)造りすぎのムダが一番悪いムダ
(3)もし運ぶならJITに運ぶ
(4)3つの改善の切り口
2. ジャストインタイムの前提となる平準化について
(1)平準化生産とダンゴ生産
(2)平準化の2つの意味
(3)平準化の具体的方法
3. 「在庫・停滞のムダ」を見つけて改善する具体策
(1)在庫削減の着眼点/原材料削減の着眼点
(2)リードタイム短縮の方策
(3)レイアウト検討時に配慮すべき点
(4)レイアウト検討時のステップ
4. 「動作と手待ちのムダ」を減らして効率をあげよ
(1)ムダの削減で正味作業を高める
(2)動作のムダ・手待ちをなくす標準作業
(3)標準作業3つのタイプ
(4)標準作業の改善ポイント
(5)人と設備のバランスを考慮した動作改善
●MCT短縮の着眼点 ●マン・マシン比とその改善
5. 生産性向上につなげる 「不良をつくるムダ」の最小化
(1)不良をゼロにすることは容易ではない/改善の切り口としての自働化の位置づけ
(2)人の仕事と機械の仕事の分離 ●分離の改善点と改善ステップ ●お金をかけずに取り組もう
(3)工程で品質を作りこむ ●2つの品質異常検出 ●FIFOによるライン管理 ●一定個数で品質チェック
6. さらに作業効率を上げる。効率最大化に向けた挑戦
(1) 固定観念はすべて捨てよ
(2) 改善に終わりなし、今が最低と思え

セミナー要項

名称 ムダの最小化・効率の最大化
開催場所 大阪府工業協会 研修室
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2023年1月23日(月) 午前9時45分~午後4時45分