設計不良の再発防止 仕組みづくり

設計・製図・読図研修
  • 設計
手戻り、出図後のトラブル、どう防ぐ?

対象・難易度

新人・若手 リーダークラス 管理者クラス 経営者・役員

セミナー内容

1.設計変更や不具合は、なぜ発生する?
 [1]設計変更や不具合の75%は再発や類似の問題
 [2]設計ミスによって発生するコストを今一度考えよう
 [3]設計ミスの再発・類似問題を撲滅するための心構え
2. 過去の設計トラブル、問題の洗い出しと“見える化”
 [1]過去のトラブル、問題事例から“設計の気がかり点”を抽出する
 [2]問題のグループ化、キーワード化の方法
    キーワード例)量産性能、重量・大きさ、強度・剛性、機構・動作、振動・音、見栄え・手触り etc
 [3]自社の問題を深堀する際のポイント
 [4]優秀な設計者の頭の中を“見える化”する方法
 [5]設計視点リストの作り方
3. 設計トラブルやノウハウを『インデックス化』し活用する
 [1]過去トラブル、ノウハウ集をインデックス化するメリット
 [2]部門で優先的に取り組むべき課題(問題)の決め方
 [3]どのタイミングで誰が検討するのかを可視化する方法
 [4]設計ノウハウ集を日々の業務に活用する
4. 設計不具合を減らす「DR」の活用とその進め方
 [1]DRの上手な活用で設計変更費用の低減や市場不具合の防止に繋げる
 [2]設計完成度を図る3つのDRの活用法
    ➀ビジネスDR  ➁スペックDR  ③ミニDR
 [3]納期遅れを防ぐ、設計進捗管理のやり方

セミナー要項

名称 設計不良の再発防止 仕組みづくり
開催場所 大阪府工業協会 研修室
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2022年10月6日(木) 午前9時45分~午後4時45分