事務ミスを防ぐ 考え方と仕組みづくりのポイント

ビジネススキル
  • その他
オフィスワークに「ポカヨケ」を応用し、明日からすぐ取り組む

対象・難易度

新人・若手 リーダークラス 管理者クラス 経営者・役員
   

セミナー内容

人の行う仕事にミスはつきものです。安全・品質が重視されるものづくりの現場だけでなく、事務系の職場においても、お金を扱う、社外の方と接するといった環境のなかで、いかにミスを防ぐかは重要な課題です。そこで今回のセミナーでは、事務業務にフォーカスした対策の立て方を事例紹介や演習を通して、わかりやすく解説いたします。
1.事務ミスはなぜ起こるのか?
【1】事務業務で起こりがちなミス ~こんなミス、誰でも経験があるのでは?
【2】人間の能力の限界(記憶、睡眠、近道行動、視覚、etc…)
【3】人を責めるより、何らかの歯止め・対策を考えよう
2.事務ミスを発見する、防ぐためのポイント
【1】ミスが発生するメカニズム
  ① ミス(ヒューマンエラー)の定義
  ② なぜミスが起こるのかを多面的に考える
【2】ミスを引き起こす要因を掘り下げて考える
  ① ≪事例紹介≫ 航空業界での人的要因排除の取り組み例を紹介
   ダーティ・ダズン(Dirty Dozen)=ミスを誘発する12の要因        
  ②「12の要因」を事務系の職場にあてはめて考える
  ③ 対策のヒント
【3】ミスを発見する、防ぐために大切なこと
  ① ミスを発見する3つの方法
  ② 人間の注意力だけに頼らず「仕掛け」「仕組み」、そして「チーム力」で防止する
3.具体的な事務ミス防止策
【1】ミスが起きやすいシーンを心得ておく
  ① 3つのH(初めて、変更、久しぶり)
  ② 危険予知とハインリッヒの法則
  ③ マーフィーの法則
【2】ミスの防止に役立つ「仕掛け」の法則
  ① エラープルーフ(ポカヨケ)
  ② セーフティネット
  ③ フェイルセーフ
【3】すぐに取り組める、ミスを防ぐための「仕組み」
  ① ダブルチェック  ・・・基本中の基本、確実に行うためのポイント
  ② チェックリスト  ・・・1項目、1指示の原則を徹底せよ
  ③ 指差呼称    ・・・事務業務でも効果がある
  ④ 作業中断と再開  ・・・人間の記憶力の特性を理解した仕組み
  ⑤ 整理、整頓、清掃  ・・・もの探しのムダを減らせばミス防止につながる
  ⑥ 見える化  ・・・誰でも見てわかる仕組みが大切
  ⑦ 注意喚起  ・・・朝礼、夕礼での情報共有と意識づけ
4.組織・チームで事務ミスをなくす取り組みを!
【1】コミュニケーションやチームワークでミスを防ぐ
【2】ミスを隠さずオープンにすることが再発防止につながる
【3】わからないことを気軽に聞き合える雰囲気づくり
【4】決め事を守る風土の構築(ルール違反や手抜きを許さない)

セミナー要項

名称 事務ミスを防ぐ 考え方と仕組みづくりのポイント
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員 40名
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2022年9月7日(水) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから
2022年3月11日(金) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから
2021年9月14日(火) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから