金属プレス加工 トラブル防止策

技術系研修
  • 金属
現場で即実践! 不具合現象に応じた的確な対策の打ち方

対象・難易度

新人・若手 リーダークラス 管理者クラス 経営者・役員
 

セミナー内容

1.プレス加工におけるトラブル対策の基本
〔1〕トラブル対策の考え方と実施
① 部品図を読む(トラブルを避けるための事前検討)
② 無理を承知で取り組む仕事もある
③ 工程設計と生産方式の検討
〔2〕トラブルへの対応と活用   
2.「抜き加工」での不良品とトラブルへの対策
[不良対策]
1)バリ・反り・ねじれ・キズ 他  ◆ 発生原因         ◆ 現象と対策
2)寸法不良・形状不良      ◆ 測定方法と測定精度    ◆ 金型、製品の精度
3)せん断切り口面の形状    ◆ 抜き加工とせん断切り口面の形状

[加工トラブル対策]
1)パンチおよびダイの寿命   ◆ 自然寿命と事故寿命    ◆ 品質と摩耗曲線
2)破損および摩耗        ◆ 破損および摩耗の一般的対策
3)かす浮き・かす詰り      ◆ 現象のメカニズム     ◆ 具体的対策
3.「曲げ加工」での不良品とトラブルへの対策
[不良品対策]
1)角度不良          ◆ 角度不良の原因と対策   ◆ スプリングバック
2)割れ不良           ◆ 圧延・バリ方向と割れ    ◆ 曲げ半径の限界
3)曲げ部の近接部の変形    ◆ 材料圧縮  ◆ 曲げ限界  ◆ 引っ張り
4)曲げ加工での不良      ◆ V曲げ  ◆ U曲げ    ◆ 多工程曲げ 

[加工トラブル対策]
1)V曲げ作業でのトラブル   ◆ 金型の心合せとずれ    ◆ 摩耗と破損
2)U曲げ作業でのトラブル   ◆ パンチへの製品付着    ◆ 金型の摩耗とキズ
4.「絞り加工」での不良品とトラブルへの対策
[不良品対策]
1)工程設定に起因する不良   ◆ 工程設定時の注意事項   ◆ 試し加工と調整
2)しわと割れ          ◆ 発生原因とその対策
3)絞り加工方法別不良対策   ◆ 円筒絞り  ◆ 角筒絞り  ◆ 異形絞り

[加工トラブル対策]
1)製品取出しのトラブル    ◆ ダイに製品が食いつく   ◆ パンチに製品が付着する
2)金型の摩耗と破損       ◆ ダイの焼付きと摩耗    ◆ 細い絞りパンチの破損
3)順送り型でのトラブル    ◆ 可動ストリッパによる不良 ◆ ダイにうまく入らない
5.「成形加工」での不良品とトラブル対策
〔1〕成形加工の基本 曲げ変形 縮み変形 伸び変形
〔2〕成形品の不良対策 フランジ成形 エンボス・ビード成形 リブ成形 バーリング カーリング 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー要項

名称 金属プレス加工 トラブル防止策
開催場所 大阪府工業協会 研修室
定員 40名
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2022年7月8日(金) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから
2022年3月8日(火) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから
2021年7月29日(木) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから