設計業務における 技能の見える化と標準化

目の前の業務でいっぱい、自分しかできない・・・ こんな状況を打破するための取り組みを解説

セミナー内容

1 なぜ設計標準化はうまくいかないのか?
〇 設計標準化がうまくいかない理由を考える
〇 標準を決めるアプローチに問題がある!?
〇 標準を決めてもすぐに亜種が生まれてしまう!?
2 効果的な設計標準化の方向性とは?
〇 属人的な設計から脱却するための設計思想の見える化
〇 変化に対応できる設計標準の作り方
〇 図面の標準化と設計思想の標準化を使い分ける
〇 いまある技能を設計自動化につなげるためには
3 設計技能を見える化し、設計を高度化しよう
〇 設計技能とは何か?4つの要素に分けて整備する
〇 設計技能を見える化するポイント
〇 設計技能の見える化 = マニュアル整備 ではない
〇 設計改革をどのように進めるか
4 標準化の前に顧客の要求仕様を整理しよう
〇 顧客の要求仕様を一元管理することが全ての始まり
〇 顧客の要求仕様の傾向管理、案件の横串管理が重要
〇 顧客の要求仕様の見える化を失注分析につなげる
5 設計を構造的に整理し、標準を設定しよう
〇 設計技能を見える化する
  ・技術計算、性能計算ツールのナレッジ
 ・方式選定の技能(開発BOM整備)
  ・相似設計の技能(設計諸元表整備)

〇 設計標準を決める
  ・標準化の3ステップ
  ・バラバラな顧客要求に対して、標準をどう決めるか
 ・「標準化=我慢する」は間違い
 ・標準図の考え方
6 設計技能や標準を改訂し、最新に保とう
〇 改訂は2つのタイミングで実施(改訂されない技能や標準は意味がない!)
〇 検図のやり方を見直せば改訂はやりやすい
7 標準化を定着させる工夫を紹介
〇 推進体制をつくる
〇 技能の見える化、標準化のスコープと優先順位を正しく決める
〇 標準化の効果を正しく認識する
〇 より効果的にするための設計自動化、ツール化

セミナー要項

名称 設計業務における 技能の見える化と標準化
開催場所 大阪府工業協会 研修室
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2023年3月2日(木) 午前9時45分~午後4時45分