損益分岐点分析活用セミナー

ビジネススキル
  • 経理事務
採算のとれるビジネス展開のコツ

セミナー内容

1.損益分岐点分析を事業に活かす方法
(1) こんな勘違いをしていませんか
・10 %の値引きをしたら、売上数量を10%増やせばよい
・仕入単価が10%値上がりしたら、売価に10%転嫁しなければならない etc.
(2) 損益分岐点分析で 会社 の「何」がわかるか
・利益を確保するには、このぐらいの売上高が必要だ(売上目標の設定)
・ここまで値引きしても利益は出せる (利益管理 ・採算計算)
・売上がどのくらい減っても黒字を保てるか (不況抵抗力) etc.
2.決して難しくない!損益分岐点分析のやり方
(1) 損益分岐点分析(CVP分析)のやり方
(2) 固定費と変動費に分けて考える
(3) 利益を増やすためには、売上高(販売数量)を増やすだけが手ではない
(4) 売上高が増減した時、損益分岐点はどのように変化するか
(5) 固定費が増えた場合、値引きをした場合の利益確保の手段とは?
(6) 資金繰りが回る損益分岐点売上高の求め方
3.損益分岐点分析を活かした利益向上のポイント
(1) 限界利益による受注の可否判断赤字覚悟でも受注すべきかどうか?
(2) 在庫の増減も変動費として考える必要あり
(3) 労働生産性を分析する労働生産性を確保できないと給料が払えない、利益も残らない
(4) 利益計画策定への応用のしかた目標利益に対応した必要売上高の算出
4. 【事例演習】損益分岐点分析はこう応用する!
(事例1)年々上昇する人件費。目標利益を確保するにはどれくらいの売上増が必要か?
(事例2)仕入価格が変動した場合、どこまで売価を下げられるか?
(事例3)複数の商品がある場合、どの商品をどのくらい売れば利益が確保できるか?
※簡単な演習を行いますので電卓(スマートフォン可)をお持ちください。講義内容の撮影・録音等はご遠慮ください。

セミナー要項

名称 損益分岐点分析活用セミナー
開催場所 大阪府工業協会 研修室
価格(税込み) 26,400円(会員)/31,900円(非会員)

開催日・開催予定日

2022年8月22日(月) 午前9時45分~午後4時45分
ありがとうございます。
こちらのセミナーは終了いたしました。 お問い合わせはこちらから